掟上今日子(おきてがみきょうこ)の挑戦状、読了感想!

「今日子さん、かっこいいィ!!」

というのが、3冊目の忘却探偵シリーズを読了した感想であります。

おきてがみきょうこのちょうせんじょう

一見、お洒落でほわほわしているイメージ、
眼鏡が故に知的な雰囲気を醸し出している今日子さんですが、
ひとたび動き出すと、行動が早い! 思考キレッキレ! まさに最速!
警察相手でも、男性相手でも躊躇も容赦もなし!
ご主人様は綺麗なお金!(爆)

次の行動が予測不可能で、目が離せません。
見ていて飽きない、ステキ。

「今日子さんのような、凛とした女性に憧れる!」 というかたも多いはず。
少なくとも、私は生まれ変わったら今日子さんになりたいと思いました。

もし、ブラックジャック先生に
「5億円で、お前を今日子さんの容姿と脳にしてやろう」
と言われたら、全額、のしつけて払ってしまいそうなくらいの勢い。

……いやね、5億持ってないですがね。

とにかく、今日子さんかっこいいな、と。

あれですよ、あれ。

たとえば……

一般的にカップルでの食事デート時によくありがちな、

「お会計のとき、女子は少なくとも財布を見せるそぶりをしたほうがいい」

とか、

「彼氏は年下だから、私もお金を払わなきゃ」

とか、ややこしい駆け引きのよふなものが繰り広げられることがありますよね。

今日子さんには、こういった、財布チラッと的な面倒な思考はまるでなく、

「私に話を聞きたいの? うーん、でも時間ないしな、あら、そういえばおなかすいたな?」

と、相手がついつい財布を開いてしまうような隙を作りつつ、
がっつり食事もプレゼントも頂く、でも憎めない存在、みたいな。

私が男子だったら、間違いなく今日子さんに惚れます。

そして、今日子さんと食事ができるなら、こちらから喜んでお財布の紐を緩めるでしょう。
あずきバーだって、何万本でも買ってあげたい気分。

だって、今日子さん、チャーミングですもの。

かっこいいし、可愛いし、綺麗だし、ほっとけないし……うん。

そんなわけで、世の女性、とくにデートの会計時に、チラッと財布を見せるべきか悩んでしまうかたは、今日子さんの「凛としつつも、愛きょうとユーモアある感じ作戦」で押し切りましょう!?

と。
そんなこんなで、
今作では、今日子さんの次に何をするか分からない行動力に終始ハラハラしつつ、
たいへん楽しく読ませていただきました。

ちなみに、謎とき部分はいつものごとく、回答があるまではちっとも分からずじまいでした。

「やられたー!」 と、いい意味での裏切られ感満載。

いやはや、
面白いこと考える人がいるなー。

→掟上今日子の挑戦状【amazon】
→掟上今日子の挑戦状【楽天ブックス】
→掟上今日子の挑戦状【7net】

「かれんブラッシング」「つきひブラッシング」ヒロイン本の感想をば

物語シリーズヒロイン本第7弾は【ファイヤーシスターズ】

わたくしも、多分にもれず発売日に購入させていただきました。

あららぎかれん、つきひ

個人的に、火憐ちゃんと月火ちゃん、
ファイヤーシスターズの二人が好きだったこともあり、発売を楽しみにしていました。

とくに気になっていたのが、書き下ろしの

「かれんブラッシング」
「つきひブラッシング」

これまでのヒロイン本にも、西尾先生書下ろしのお話が掲載されていることはあったのですが、今作は、

ヒロイン本至上、過去最大級の文字数で驚愕!

ファイヤーシスターズ好きの方は、ぜったいに手に入れたほうがいいです。

ただし……

ぜったい、
電車やバス、喫茶店などの公共の場では読んではいけません!

変態すぎて……
おもしろすぎて……

ちょっと、感想を書くのが憚られるほどの、お兄さんの変態っぷりで、
「ないよ! こんな兄弟!」
と叫びながら熟読させていただきました。

その他の収録内容としては、

いつものヒロイン本のように、名場面集、イラストギャラリー
声優さんのインタビュー(喜多村英梨さん、井口裕香さん、神谷浩史さん)

そうそう!
今回は、西尾先生のインタービューがなかった!(泣)

毎回、たのしみにしていたので、そこはちょっと残念でしたが、
とにもかくにも、読後の感想としては、

「ああ……兄弟っていいな……いや、よくない、あかんw

という、
やり場の無い脳内混乱。

わたくしがこれまで持ってきた「兄弟姉妹」という概念を木っ端微塵に砕かれた1冊でした。

――家族ってなんだろうね……うふふ……(遠い目)

いやはや、
「かれんブラッシング」「つきひブラッシング」、
どちらも、変態ゲージの振り切りっぷりが最高でした。

たのしかったです! いえーい!


→アニメ物語シリーズヒロイン本(其ノ7)【amazon】
→アニメ物語シリーズヒロイン本(其ノ7)【楽天ブックス】

「『十二大戦』を読了――『読書感想文を書く』管理人」

十二大戦のお時間です!

十二大戦 西尾維新先生

発売日の19日に無事GETしました。

ハードカバーで、読み応えのありそうな雰囲気。

表紙にイラスト化されている、12人の個性的な戦士たちがドンパチドンパチしてくれます。

帯も、物騒でアバンギャルドです 笑

十二大戦

赤文字が怖い^^;

いい感じで狂ってます 笑

買ったその日の夜に読書開始。

毎日、少しずつ読んでいこう! と思いきや……

気づけば朝――読了。

うん。

面白すぎて、寝れなかった。

12人の戦士の戦死、ストーリー展開がちょっ早で、
「そうきたか! ええ、そう来るの!? うあああ、やめたげてええええ」と、
ジェットコースターのようにビュンビュンと話が進んでいきます。

彼らの戦いから目が離せず、その世界観にどっぷり引き込まれてしまい、
本を閉じたときには窓から朝日が差し込んでいました。
庭では「ホーホー、ホッホー」と鳴く鳥が活動を開始しておりました……。

先に大斬(おおぎり)「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」を読んでいたので、結末、勝者は分かっていたのに面白い。
続きが気になって仕方ない。

そして、
「自分の干支がうさぎ&へびじゃなくて良かった」と安堵しました 笑

昔、聖闘士星矢を読んでいたときに感じた「星座カースト制度」を彷彿させる感じです。

あの時も、
「自分がかに座じゃなくて良かった」と安心した覚えが^^;

12戦士の戦い方も、名前も、技の名前も、西尾先生節炸裂。
終始、わくわくしっぱなし。

読み終わったあとに、もう1回大斬(おおぎり)を読みなおして、
「おー、キャラが絵として動いてる! ふはは!」と、再感動。

いやはや、面白かったです。
世界観に、キャラクターに、
そしてスピード感に引き込まれた楽しい読書タイムとなりました。

【追伸】

それはそうと、あの「名乗り」とか、会社でしれっとした顔で使ってみたい(待て)


十二大戦


大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)

「掟上今日子の推薦文」を読みましたよよっとの読書感想文

「うわっ、隠館さん、ワトソン役からもリストラされたw」

……というのが、3行目まで読んだ最初の感想でした。
掟上今日子の推薦文
いやはや、のっけからド肝を抜かれました。

前作で、今日子さんとあんなにイイ感じの雰囲気を作っていた隠館さんですが、
今作では、隠館の「か」の字も出てきません。

彼は、今日子さんの記憶からも勿論、きれいサッパリ消えてしまっているのでしょう……。

憐れ、隠館氏。
君のことは忘れない……。

と、そんなこんなで「掟上今日子の推薦文」完読させていただきました!

前作はうっかり寝る前に読んでしまい、続きが気になって寝るになられず、
翌日に寝不足でヨロヨロしながら会社に行ったという思い出があったので……

今回はおなじ轍は踏むまいと、時間にゆとりがあるときを選んで読書スタート!

→感想

うんうん、面白かった^^

今日子さん、すっかり守銭奴キャラになってましたね 笑

綺麗なばかりの主人公じゃ面白くないので、今日子さんの好感度アップです↑↑

あの、毎度コロコロ変わる洋服を購入するだけでも、すごいお金がかかりそうですもんね。

 

ストーリーの「謎解き部分」ですが、犯人や動機など、読みつつ予想はしていくものの、
何ひとつ当たりませんでした。アハハ……。

ネタバレはしたくないのであまり詳細は書けないですが「そうきたか!」と。
一周回って、ナナメ後ろから真相で殴られたような気分でした。

 

しかし、いいですね、こういう「いい意味でサラリとしているミステリー小説」

登場人物の数が極端に少ないのに、面白く成り立っている謎解き小説は、ほんと読みやすくて好きです。

わたくし、基本的に阿呆ですので、登場人物が増えてくると、誰が誰だか分からなくなってくるんですよね……。

人物多目の推理量説にありがちなのが、読書中に何度もページを戻って、
「あれ、この人だれだったっけ? あれ? あれ?」
とかやってるうちに、読む気がなくなるという^^;

登場人物を大勢出して、犯人候補の分母を増やしてしまえば謎解きの難易度も上がるのでしょうが、
それをあえてせずに、少ないキャラ数でここまでのお話が書けるのが凄いなぁ~と思います。

(凄いなぁ~、とか、なんという阿呆っぽい感想……orz)

 

忘却探偵シリーズは、ドラマ化してもおかしくないようなサラッと感も魅力ですね!

3作目「掟上今日子の挑戦状」では、どんなワトソン役の方が登場するのかしら。
併せて楽しみです!

掟上今日子の推薦文

「人類最強の初恋」読了。読書感想文、書いちゃいました

生きていると、行動に「勇気」や「思い切り」が必要なときってありますよね。

わたくし、基本的に小心者であります為、いつも何かに怯えつつ、
ぷるぷる震えながら暮らしているのですが。

本当に突き進まなければいけないとき、
ちょっと無茶してでも達成しなくてはいけないことがあるときは、

「脳内の哀川潤さんにハッパをかけてもらう」

という、素敵な小技を使うようにしています。

これね、本当に効くので良かったら試してみてください。

「潤さんだったら、こんなときどう進むのかな?」とか考えると面白いし、
勇気が沸いてくるんです。

いや、ほんと。

――と。

そんなこんなで、待望の新刊、

哀川潤さん・大活躍の「人類最強の初恋」を読ませていただきました!

人類最強の初恋
哀川さん……
否、

潤さんの破天荒ぷりは、いつ見ても気持ちいいですね。

語り部が潤さんなのですが、終始あの口調 笑

相変わらずな感じで、自由すぎる赤い彼女を本当に羨ましく思います。

最強キャラが主人公だと、最強なだけに、そのキャラが出てきた時点でターンエンド、
話は終わってしまうんじゃないかと思っていたのですが杞憂でした。

さすが西尾維新先生。

「最強だからこその悩み」というものが伝わってきました。

こちら、「最強シリーズ」ということで第二段もあるっぽいですね。

これまた楽しみです。

表紙もとても綺麗で神々しかったです。

いやぁ、満足満足。


人類最強の初恋 (講談社ノベルス)

掟上今日子の推薦文&人類最強の初恋、二冊買い! ひゃっほう♪

わ~いヽ(´∀`)ノ

西尾維新先生の新刊

 

 

 

 

 

西尾維新先生の新刊、

掟上今日子の推薦文&人類最強の初恋

二冊同時GETです~!

新刊が読める! ってだけでも嬉しいのに、二冊同時とは。

まるで、
お盆とお正月が一緒にきたような気分です。

正座して正装して、ゆっくり読みたいと思います。

たのしみ!
たのしみ!

短編漫画「大斬─オオギリ─」感想をつらつらと綴る【面白かった】


大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)

 

西尾維新が9本の御題を元に創造した原作を9名の漫画家が各々の個性をもって描き切る。ここでしか見られない規格外の短編漫画集。

わたくしが最初に「大斬」の企画を知ったのは、「週間少年ジャンプ」に掲載された告知を見たときでした。

「うわ、また凄い企画がはじまった!」
「9作も一気に書くの!? 早っ! ハヤブサっ!」

などと思うと同時に、

「9作品も立て続けに西尾維新先生のお話が読める! ヒャハー!」と、
小躍りしたのが昨日のことのようです。

9作品はそれぞれ、バラバラの雑誌、バラバラの掲載日だったので、
これが単行本1冊にまとまったらいいのになー、と思っていたのですが、
願いどおりに書籍化されたので、しめしめと思いました。

単行本化された大斬、本屋さんで発売日に見たときの第一印象は、

「サイズでか!」

大斬とめだかボックス

 

 

 

 

 

ジャンプコミックスのサイズだと思ってたので、予想より一回り大きくて驚愕。

でも、大きいほうが読みやすくていいです^^

これがウワサの、紙の本(笑)

で、大斬を再読。

うーん、
やっぱりおもしろい!

9つの話、どれもイイ。

こういった短編ものが集まった本を読んだあと、よく話題にあがる、

「どの話がいちばん面白かった?」

といった感想についてですが、

結論から言うと「どの話も面白かった」と思います。

「仕事とわたし、どっちが大事?」のような感じです。
「どっちも大事」なのです。

まず、登場人物が少ないので読みやすいです。

そして、登場人物同時の会話そのものが面白いです。

西尾先生節、爆発です。

展開がビュンビュン速くて、サクサク読めます。

最後、オチでびt……(ネタバレなので割愛)

いやはや、

お題「段ボール」で、あの内容になってしまう発想力がすごいなぁ。

短編の連続で、感動したと思ったらビクっとさせられて、
ほっこりして、ワクテカして、驚愕して、考えさせられて――

1話ごとに、感情を右へ左へと振り回されました。

いやぁ、よかった、よかった。