「『十二大戦』を読了――『読書感想文を書く』管理人」

十二大戦のお時間です!

十二大戦 西尾維新先生

発売日の19日に無事GETしました。

ハードカバーで、読み応えのありそうな雰囲気。

表紙にイラスト化されている、12人の個性的な戦士たちがドンパチドンパチしてくれます。

帯も、物騒でアバンギャルドです 笑

十二大戦

赤文字が怖い^^;

いい感じで狂ってます 笑

買ったその日の夜に読書開始。

毎日、少しずつ読んでいこう! と思いきや……

気づけば朝――読了。

うん。

面白すぎて、寝れなかった。

12人の戦士の戦死、ストーリー展開がちょっ早で、
「そうきたか! ええ、そう来るの!? うあああ、やめたげてええええ」と、
ジェットコースターのようにビュンビュンと話が進んでいきます。

彼らの戦いから目が離せず、その世界観にどっぷり引き込まれてしまい、
本を閉じたときには窓から朝日が差し込んでいました。
庭では「ホーホー、ホッホー」と鳴く鳥が活動を開始しておりました……。

先に大斬(おおぎり)「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」を読んでいたので、結末、勝者は分かっていたのに面白い。
続きが気になって仕方ない。

そして、
「自分の干支がうさぎ&へびじゃなくて良かった」と安堵しました 笑

昔、聖闘士星矢を読んでいたときに感じた「星座カースト制度」を彷彿させる感じです。

あの時も、
「自分がかに座じゃなくて良かった」と安心した覚えが^^;

12戦士の戦い方も、名前も、技の名前も、西尾先生節炸裂。
終始、わくわくしっぱなし。

読み終わったあとに、もう1回大斬(おおぎり)を読みなおして、
「おー、キャラが絵として動いてる! ふはは!」と、再感動。

いやはや、面白かったです。
世界観に、キャラクターに、
そしてスピード感に引き込まれた楽しい読書タイムとなりました。

【追伸】

それはそうと、あの「名乗り」とか、会社でしれっとした顔で使ってみたい(待て)


十二大戦


大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク