「『十二大戦』を読了――『読書感想文を書く』管理人」

十二大戦のお時間です!

十二大戦 西尾維新先生

発売日の19日に無事GETしました。

ハードカバーで、読み応えのありそうな雰囲気。

表紙にイラスト化されている、12人の個性的な戦士たちがドンパチドンパチしてくれます。

帯も、物騒でアバンギャルドです 笑

十二大戦

赤文字が怖い^^;

いい感じで狂ってます 笑

買ったその日の夜に読書開始。

毎日、少しずつ読んでいこう! と思いきや……

気づけば朝――読了。

うん。

面白すぎて、寝れなかった。

12人の戦士の戦死、ストーリー展開がちょっ早で、
「そうきたか! ええ、そう来るの!? うあああ、やめたげてええええ」と、
ジェットコースターのようにビュンビュンと話が進んでいきます。

彼らの戦いから目が離せず、その世界観にどっぷり引き込まれてしまい、
本を閉じたときには窓から朝日が差し込んでいました。
庭では「ホーホー、ホッホー」と鳴く鳥が活動を開始しておりました……。

先に大斬(おおぎり)「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」を読んでいたので、結末、勝者は分かっていたのに面白い。
続きが気になって仕方ない。

そして、
「自分の干支がうさぎ&へびじゃなくて良かった」と安堵しました 笑

昔、聖闘士星矢を読んでいたときに感じた「星座カースト制度」を彷彿させる感じです。

あの時も、
「自分がかに座じゃなくて良かった」と安心した覚えが^^;

12戦士の戦い方も、名前も、技の名前も、西尾先生節炸裂。
終始、わくわくしっぱなし。

読み終わったあとに、もう1回大斬(おおぎり)を読みなおして、
「おー、キャラが絵として動いてる! ふはは!」と、再感動。

いやはや、面白かったです。
世界観に、キャラクターに、
そしてスピード感に引き込まれた楽しい読書タイムとなりました。

【追伸】

それはそうと、あの「名乗り」とか、会社でしれっとした顔で使ってみたい(待て)


十二大戦


大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)

「掟上今日子の推薦文」を読みましたよよっとの読書感想文

「うわっ、隠館さん、ワトソン役からもリストラされたw」

……というのが、3行目まで読んだ最初の感想でした。
掟上今日子の推薦文
いやはや、のっけからド肝を抜かれました。

前作で、今日子さんとあんなにイイ感じの雰囲気を作っていた隠館さんですが、
今作では、隠館の「か」の字も出てきません。

彼は、今日子さんの記憶からも勿論、きれいサッパリ消えてしまっているのでしょう……。

憐れ、隠館氏。
君のことは忘れない……。

と、そんなこんなで「掟上今日子の推薦文」完読させていただきました!

前作はうっかり寝る前に読んでしまい、続きが気になって寝るになられず、
翌日に寝不足でヨロヨロしながら会社に行ったという思い出があったので……

今回はおなじ轍は踏むまいと、時間にゆとりがあるときを選んで読書スタート!

→感想

うんうん、面白かった^^

今日子さん、すっかり守銭奴キャラになってましたね 笑

綺麗なばかりの主人公じゃ面白くないので、今日子さんの好感度アップです↑↑

あの、毎度コロコロ変わる洋服を購入するだけでも、すごいお金がかかりそうですもんね。

 

ストーリーの「謎解き部分」ですが、犯人や動機など、読みつつ予想はしていくものの、
何ひとつ当たりませんでした。アハハ……。

ネタバレはしたくないのであまり詳細は書けないですが「そうきたか!」と。
一周回って、ナナメ後ろから真相で殴られたような気分でした。

 

しかし、いいですね、こういう「いい意味でサラリとしているミステリー小説」

登場人物の数が極端に少ないのに、面白く成り立っている謎解き小説は、ほんと読みやすくて好きです。

わたくし、基本的に阿呆ですので、登場人物が増えてくると、誰が誰だか分からなくなってくるんですよね……。

人物多目の推理量説にありがちなのが、読書中に何度もページを戻って、
「あれ、この人だれだったっけ? あれ? あれ?」
とかやってるうちに、読む気がなくなるという^^;

登場人物を大勢出して、犯人候補の分母を増やしてしまえば謎解きの難易度も上がるのでしょうが、
それをあえてせずに、少ないキャラ数でここまでのお話が書けるのが凄いなぁ~と思います。

(凄いなぁ~、とか、なんという阿呆っぽい感想……orz)

 

忘却探偵シリーズは、ドラマ化してもおかしくないようなサラッと感も魅力ですね!

3作目「掟上今日子の挑戦状」では、どんなワトソン役の方が登場するのかしら。
併せて楽しみです!

掟上今日子の推薦文

「人類最強の初恋」読了。読書感想文、書いちゃいました

生きていると、行動に「勇気」や「思い切り」が必要なときってありますよね。

わたくし、基本的に小心者であります為、いつも何かに怯えつつ、
ぷるぷる震えながら暮らしているのですが。

本当に突き進まなければいけないとき、
ちょっと無茶してでも達成しなくてはいけないことがあるときは、

「脳内の哀川潤さんにハッパをかけてもらう」

という、素敵な小技を使うようにしています。

これね、本当に効くので良かったら試してみてください。

「潤さんだったら、こんなときどう進むのかな?」とか考えると面白いし、
勇気が沸いてくるんです。

いや、ほんと。

――と。

そんなこんなで、待望の新刊、

哀川潤さん・大活躍の「人類最強の初恋」を読ませていただきました!

人類最強の初恋
哀川さん……
否、

潤さんの破天荒ぷりは、いつ見ても気持ちいいですね。

語り部が潤さんなのですが、終始あの口調 笑

相変わらずな感じで、自由すぎる赤い彼女を本当に羨ましく思います。

最強キャラが主人公だと、最強なだけに、そのキャラが出てきた時点でターンエンド、
話は終わってしまうんじゃないかと思っていたのですが杞憂でした。

さすが西尾維新先生。

「最強だからこその悩み」というものが伝わってきました。

こちら、「最強シリーズ」ということで第二段もあるっぽいですね。

これまた楽しみです。

表紙もとても綺麗で神々しかったです。

いやぁ、満足満足。


人類最強の初恋 (講談社ノベルス)

掟上今日子の推薦文&人類最強の初恋、二冊買い! ひゃっほう♪

わ~いヽ(´∀`)ノ

西尾維新先生の新刊

 

 

 

 

 

西尾維新先生の新刊、

掟上今日子の推薦文&人類最強の初恋

二冊同時GETです~!

新刊が読める! ってだけでも嬉しいのに、二冊同時とは。

まるで、
お盆とお正月が一緒にきたような気分です。

正座して正装して、ゆっくり読みたいと思います。

たのしみ!
たのしみ!

堀江由衣さんのナレーションが素敵☆ 最強と最速のコラボCM!

『掟上今日子の推薦文』と『人類最強の初恋』、

いよいよ明日発売ですね!

2冊同時とか、楽しみすぎです。

どっちから読もうか、物凄く悩みます。

ダーツで決めなきゃ……。

2冊同時発売・記念コラボということで、
堀江由衣さんナレーションのCMが作成されたようです!

うーん、美しい声。

素敵。

掟上今日子の推薦文の発売日に備え、前作【備忘録】を復習するの巻

4月23日発売「掟上今日子の推薦文」に備えて、

今一度、前作「掟上今日子の備忘録」を読んでみようかな、というかたも多いと思います。


掟上今日子の備忘録

掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!
あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・
隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください――!!」

スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

 

この忘却探偵シリーズは、西尾維新先生の作品の中では、言葉遊びが少なめ。

しかしながら、面白い!
続きが気になってしかたないお話です。
私は、うっかり寝る前に読んでしまったので、その日の夜は眠れなくなりました 笑

睡眠を取ると、その日の記憶が消えてしまう探偵、今日子さんと、
なにかとトラブルに巻き込まれる体質の隠館さんが繰り広げる推理小説です。

主要な人物は共通ですが、基本は短編小説なので普段、小説を読まない人にもおすすめ。
1篇1篇は短いので、気負わずに読めます。
そして、展開にわくわくして、解決では唸らされます^^

物語シリーズとのコラボCMもありましたね!

第二段

堀江由衣さんのナレーションが美しい^^

短編漫画「大斬─オオギリ─」感想をつらつらと綴る【面白かった】


大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)

 

西尾維新が9本の御題を元に創造した原作を9名の漫画家が各々の個性をもって描き切る。ここでしか見られない規格外の短編漫画集。

わたくしが最初に「大斬」の企画を知ったのは、「週間少年ジャンプ」に掲載された告知を見たときでした。

「うわ、また凄い企画がはじまった!」
「9作も一気に書くの!? 早っ! ハヤブサっ!」

などと思うと同時に、

「9作品も立て続けに西尾維新先生のお話が読める! ヒャハー!」と、
小躍りしたのが昨日のことのようです。

9作品はそれぞれ、バラバラの雑誌、バラバラの掲載日だったので、
これが単行本1冊にまとまったらいいのになー、と思っていたのですが、
願いどおりに書籍化されたので、しめしめと思いました。

単行本化された大斬、本屋さんで発売日に見たときの第一印象は、

「サイズでか!」

大斬とめだかボックス

 

 

 

 

 

ジャンプコミックスのサイズだと思ってたので、予想より一回り大きくて驚愕。

でも、大きいほうが読みやすくていいです^^

これがウワサの、紙の本(笑)

で、大斬を再読。

うーん、
やっぱりおもしろい!

9つの話、どれもイイ。

こういった短編ものが集まった本を読んだあと、よく話題にあがる、

「どの話がいちばん面白かった?」

といった感想についてですが、

結論から言うと「どの話も面白かった」と思います。

「仕事とわたし、どっちが大事?」のような感じです。
「どっちも大事」なのです。

まず、登場人物が少ないので読みやすいです。

そして、登場人物同時の会話そのものが面白いです。

西尾先生節、爆発です。

展開がビュンビュン速くて、サクサク読めます。

最後、オチでびt……(ネタバレなので割愛)

いやはや、

お題「段ボール」で、あの内容になってしまう発想力がすごいなぁ。

短編の連続で、感動したと思ったらビクっとさせられて、
ほっこりして、ワクテカして、驚愕して、考えさせられて――

1話ごとに、感情を右へ左へと振り回されました。

いやぁ、よかった、よかった。

人類最強の初恋  2015年4月23日発売…って今日子さんと2冊同時!?

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)

 

 

孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。
彼女の『今』が語られる。
《最強》シリーズ、開幕!

「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」
人類最強の請負人・哀川潤。
強くなり過ぎた彼女に、遂に世界のすべてが降伏する。
倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、
そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる!
『戯言』では済まされない、『人間』の枠を越えた、
『最強』のラブストーリー!

 

表紙、かっこいー!

赤い、赤いです。

人類最強の哀川さん――潤さんにまた会える!

(苗字で呼んだら消されるかもしれない……

今度はどんな破天荒っぷりを見せてくれるんだろうか、たのしみです。

タイトルからして、メフィストに何号かにわたって掲載されていたものだと思うけれど、
書き下ろしとかあるのかしら、どうなのかしら。

なくてもいいや、何度読んでもおもしろい。

でも、やっぱり書き下ろしも読みたい!(わがまま 笑)

そして、気になるのが発売日。

4月23日発売って、掟上今日子の推薦文と同じ日じゃあないですか!!

うわああああ、

どっちから読めばいいんだ~~!

23日は西尾維新まつりだ!

ああ……会社、休みたくなってきました 笑


人類最強の初恋 (講談社ノベルス)

 

またまた新作! 西尾維新先生「十二大戦」発売日は5月19日予定!

「十二大戦」  発売日は5月19日予定!


十二大戦

 

互いの命と誇りを懸け、十二人の戦士たちは闘う――たったひとつの願いを叶えるために。
西尾維新、渾身の小説×中村光、激筆のイラスト。史上最高のバトルロイヤル小説、開戦。

 

うああああ!

またまた新作です!

まだ、掟上今日子さんの新作も出ていないというのに!

うれしい、うれしすぎです。

イラストは、聖☆おにいさんや荒川アンダー ザ ブリッジを書かれている中村 光先生が書かれたとのこと。

大斬に掲載されていた「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」の続き――というか過去のお話になるのでしょうか?

気になります^^

十二大戦

新刊情報!「掟上今日子の推薦文」 2015年4月23日発売だだだ!

「掟上今日子の推薦文」   2015年4月23日発売!!!

 

いやあ、待ってました!!

西尾維新先生の忘却探偵シリーズ、第二段!!

企む芸術家。立ちはだかるは、記憶を持たない名探偵。

美術館で警備員を務める青年・親切守。
彼が警護するエリアには訪れるたび、
決まってある絵の前で立ち止まる白髪の美女がいた。
彼女は掟上今日子。またの名を、忘却探偵。
二人は警備員と観覧客のはずだった。
美術品を巡る、数々の難事件が起こるまでは――。

イラストも相変わらず美しいです。
今日子さん、麗しや……。1日しか記憶が持たない探偵、今日子さんと、

あらゆる事件に巻き込まれる謎の体質、隠館くん。

ふたりにまた会えるのが嬉しいです。

ところで、隠館くんも、いつかは女装するんでしょうか……
2冊目だし、まだ早いか。

掟上今日子の推薦文